JAKE虹の橋を渡りました。

四年前、我が家からムコに行ったJAKEが、今朝虹の橋を渡ったと連絡を頂きました。

7月はじめにガンが発覚し、パパさんママさんと渾身の闘病生活をしていましたが、急速に病状がすすみあっさりと虹の橋の向こうへ走り去ってしまいました。

これは昨夜の写真。他にママといつもの赤目でマジ寝してる写真も送ってもらって、まだまだ会えるよねと思ってたのに。

立てなくなってからほんの一ヶ月。早すぎやしないかい?優しい優しいパパとママは君がどんなでも側にいてくれるだけでいいって言ってたのに。もっともっとワガママいってあげれば良かったのに。きっとどんなことだってしてくれたのに。もう、ホントいいこなんだよなぁ…。

ガリガリと土を蹴って、今日も明日も思う存分お散歩したいJAKEには、動けない重い身体はいらなかったのかもしれません。

旅だった今日は丁度四年前、Kさんちで暮らしはじめた日でした。丸四年。へんなとこ律儀だね。でも短くない?せっかく、JAKEの新車「アヴェンタちゃん」だって買ってもらったのにさ。眉毛が真っ白な頑固ジジイになってるJAKEが見たかったよ。

譲渡後も一緒にキャンプさせてもらったり、ドッグランに行ったりして、家族とのシアワセそうな姿を見る度に、君のチョイスは大正解だったねと話しかけていました。ハピラブ史上最多の25件の里親希望の中から、自分で行く場所は自分で決めたんです。Kさんが「JAKE!」と呼ぶ度にキラキラ見つめるまなざしを見て、私たちもシアワセを沢山もらいました。

病気がわかってからも、とにかくお出かけ好きなJAKEのために、負担が少ないよう工夫を凝らしてお出かけしてくれました。旅先からもらう写真はまんまるお目々がキラキラして楽しいよって全身で言ってるようでした。

先週末、朝霧で会いました。

ばくばくとオヤツをたべ、ジャスティの声を聞いて匂いをかぎ、撫でると嬉しくってヨーダ耳になって。以前からのJAKEとどこも違わない生き生きした姿でした。もう一回一緒にキャンプいこうねって言ったじゃない。

大好きなママを見つめるキラキラしたまなざしもそのままでした。

私はJAKEから沢山のことを教わり、沢山のシアワセをもらいました。ありがとう。キミがいなかったら保護活動はもうやめていたかもしれない。

そしてK夫妻、最後まで本当にありがとうございました。優しすぎるお二人が、また涙目で過ごしてしまうのかもと思うと切ない気持ちでいっぱいですが、JAKEは最後まで家族に愛されて本当にシアワセでした。また、キャンプで一緒に思い出話をしましょう。一緒に泣きながらBBQ食べましょう。空にいるJAKEも届くように。

明日、10時より大事な人に囲まれて、JAKEは空に還ります。もしお時間が許すのであれば、ちょっとだけ空を見て、ダッシュで豪快に走り去っていくJAKEを思って頂ければ嬉しいです。沢山の方に愛されて、あの子は本当にシアワセでした。

JAKE!バイバイ!!またね!