白馬さのさかSNOWDOG~わんことスキー1/アクセスと準備編

白馬さのさかSnowDog

白馬さのさかスキー場にわんこ連れで行ってきました。

ジャスティが小さな頃、やはりわんこ連れスキーに行っていたものですが、その頃オーケーだったスキー場もことごとくダメになり、犬と滑れるってやっぱり無理なのか…と思っていたら、去年見つけました。

白馬さのさかSnowDog

スキーやスノーボードをする愛犬家の方なら一度は「愛犬と一緒に滑って
みたい」と思ったことはないでしょうか?
長野県・白馬村にある白馬さのさかスキー場なら、愛犬と一緒にスキー、スノーボードでゲレンデを滑っていただくことが可能です!!広大な白銀のゲレンデを元気いっぱい走りまわるワンちゃんを見てみたいと思いませんか?

というわけで、限られたバーンのみですが、ゲレンデを犬と一緒にすべれます。

公開されているのは第三クワッドリフト+レイクビューゲレンデ。

白馬さのさかスノードッグ

緩斜面の初級者向けゲレンデですが、青木湖を見下ろし絶景が楽しめる開放感あふれるコースです。

犬連れの姿もちらほら見かけますが、普通にボーダーやファミリーのお客さんもいます。ゲレンデ内に犬が歩いていると時に驚かれるので、もう少し犬連れOKなゲレンデなんだよというアピールがあったら利用しやすいなと思いました。

白馬さのさかレイクダウンゲレンデへのアクセス

このレイクダウンコースに直接アクセスするには第五駐車場に車を停める必要がありますが少し解りにくい。国道沿いにさのさかの交差点まで行ってしまったら行き過ぎで、青木湖畔に降りてから細い山道を少し登る必要があります。すれ違いが難しいくらいの雪道なのでスタッドレスかチェーン必須です。(でも国道は雪はほとんどないのでチェーンはどうかな)うちはスタッドレスの二駆ですが問題なくいけました。参考に安曇野ICからの地図を載せておきます。


さて、うちは7時ごろ東京を出発し、11時頃ゲレンデに到着しました。途中ちょびっと渋滞があったけど白馬、早いですね。去年来たのに駐車場への入口が解らず最後迷いました。

駐車場は大きくないので遅い時間だといっぱいになってしまいますが、ゲレンデ沿い走る道路にみんな乗り上げて停めています。うちもそこにとめてミニベースに。さのさかスキー場のメインゲレンデ側にはレストランのあるレストハウスがありますが、レイクダウンゲレンデは僻地なので、わんことゆっくりしたい方はお昼を持ち込んで車で食べるのが良さそうです。我が家も今回はそうしました。その話は後ほど。

到着したら早速チケットを買いに行きますがこのSNOWDOGを利用するにあたり誓約書を書く必要があります。これもチケット売り場でOKです。

チケットの種類は3種類

  • 人間+犬一回券 800円
  • 犬一回券 500円
  • 犬一日券 2000円

我が家は人間は早割の一日券を買っていたので、今回は犬一日券を買いました。

ちなみに人間の方はこんな感じ

カテゴリー おとな こども シニア
1日券 4,000円 1,500円 3,300円
2日券 6,000円
半日券 3,300円 3,300円
1回券 350円 250円 350円
11回券 3,500円 2,500円 3,500円

犬って書いてある(笑)人間用と一緒に腕に装着すればOKです。

リフトに乗るぞ

では準備。
わんこはリフトに乗るときは普通のリード、滑走時はハーネス+伸縮リードが推奨です。詳しい諸注意はこちらをご覧下さい。

リフトは普通の四人乗りクワッドリフトで、一台に犬一頭のみの制限があります。クワッドなので途中は早いですが昇降の際は係員のおじさんが遅くして乗せるのも手伝ってくれます。

ジャスティは去年もぶるぶるでしたが、今年もぶるぶるでした(笑)よっこらしょとお尻を載せてもらい、どうにか乗せて出発です。

こんな感じ。背もたれと座面のスキマから足が落ちています。これは注意。挟まると降りられません。

お姉ちゃん怖いよーとぶるぶる。

それに比べて

全然余裕で笑顔のマッキー。乗るときもシートをぽんとたたけば乗るし、降りるときもダウンで降りるのでラクラク。ただ、浮かれていて飛び降りそうなのがちょっと怖いです。

ともかく頂上に着きました。

ほら元気になった!

では続きはまた明日。