エディの話2~Eddy my love so sweet

エディ1

小さなエディ

子犬の頃のエディはそれは可愛かったが、世界中の子犬がそうであるように小悪魔だった。

ダイニングテーブルの脚とチェアの脚はすべて囓られて丸く歯形がつき、ピンポンがなると中国雑伎団のバイクの曲芸のように応接セットのソファの背中を踏み台に宙を飛んで走り回る。(雑伎団のバイクの曲芸しってますか?こんなの) 掃除機を掛けようとしたらヘッドに向かってワンワン吠えたあげくにホースと闘いはじめてしまったため、途中で放り出す母の姿が、あの頃買ったばかりのビデオカメラで撮ったテープに残っている。ある日ソファをどけたら、後ろの壁紙が大きく三角に剥がれていた。暇にあかせて端から三角にひっぱって剥がしていたらしい。

でもエディは可愛かった。犬をうちの中で飼うなんてもってのほか!と言っていたおじいちゃんとおばあちゃんをあっさり懐柔しメロメロにした。私の運動会にエディも共に家族で見に来ているビデオも残っている。小学校の校庭に普通に入ってたなんておおらかな時代だった。

426038_324183487627374_700182216_n

それでも私ははじめての「自分の犬」にあれこれしつけをしようと頑張った。「シェットランドシープドッグの本」を買って端から端まで一生懸命読んだ。シェットランド島がどこにあるのか調べ、マズルとストップについて考察し、ブリードのなんたるかを知り、スタンダードとエディを見比べて一喜一憂した。その頃の私は勉強好きだったのだ。エディはスタンダードよりは少し大きめサイズだったが、その可愛さが損なわれるわけではない、ドッグショーに出すわけじゃないしと自分を慰めてみたりした。

その頃にはめずらしく室内トイレも作った。(ただしペットシーツなるものはまだなく、古新聞だったので大変!)でもなんといっても5年生だし、今ほど情報があるわけではない時代のこと。今考えれば足りないことばかりだったと思う。

今ほどノーリードについてもうるさくなかった時代。両親と高尾山に登り、エディは先を行く私と後をついてくる両親の間を行ったり来たりしながら一緒に山登りをしたり、冬は別荘地の小さなスキー場で一緒にリフトに乗って上がり、下りは人間はスキー・エディは走って降りたりもした。犬連れのいける施設は多くなかったが、いきつけのお店では足下にいさせてもらったり、どこにいくのも一緒だった。

小さな頃は犬の群れの中で暮らしていたが、うちに来てからはもっぱら私と一緒。よその犬と触れあうこともあまりなかったので、エディは犬が苦手な犬になった。未去勢だったこともあるのか狂犬病予防接種会場に連れて行くと面倒なことになったため、いつも往診に来てくれる赤ヒゲのような獣医さんのところで接種はしてもらっていた。

人に対してはフレンドリーだが、シープドッグは比較的主人をはっきり選ぶ。エディもとにかく私が一番。ご飯係や散歩係は別にいても好きなのは私。

私にとってはエディ特別な存在で、ただの犬ではなかった。ケージの中で寝かせる筈も、気がついたら一緒に寝ていた。悲しいことも嬉しいことも全部エディに話をした。学校では頑張っていたがもともと内弁慶で本が友達の私は帰ってくれば一人だった。フワフワの身体を抱きしめていれば、広い一人の部屋でも何も怖いものはなくなる気がした。一人っ子の私にとって、エディは兄弟であり、友であり、恋人のような気持を共有できるはじめての存在だった。