201709 オーストラリア旅行7 シドニーへ~ダーリングハーバー

この記事は約7分で読めます。

色々とハピラブのイベントをこなしていたらあっという間に11月も終わり、息子も帰ってきてしまった。

あらあら。がんばって仕上げなければ。

というわけで、Back to the past.
今日は9/22。CairnsからSidneyへ移動の日。

早朝、ホストマザーに送ってもらい、Cairns空港まで移動。ただし彼女も結婚式の為、あとでSidneyに行くという。
空港について、ドメスティックなので余裕あるなーと思っていたら、なんとdelay。飛行機がまだついていないらしい。とにかく仕方がないので待つ。

30分待ち、1時間待ってもなかなか飛行機はつかない。

息子はとっととPC用コーナーで電源を確保しながらゲームをやっている。
仕方がないのでカフェでコーヒーでも買ってゆっくり待つか。

コーヒーを買おうと並んでいると鮮やかにTattooの入ったオージーが。

結構あちこちで、にぎやかなTattooを入れてる人を見かける。たまに残念な漢字とかいれてしまってるひとがネタになるよね。彼らにとってはファッションだったり信条だったりするので、日本の温泉などでもはじかれないようにしてあげたいが、確かに見慣れるまではちょっとびっくりするかも。オーストラリアにきた初日くらいは、お。Tattooと思っていたが、だんだん気にならなくなってきた。見慣れるってそういうことかも。

二時間半遅れてやっと搭乗。

今回は国内便なので小さい。

CairnsからSidneyはオーストラリア内陸部の上空を通っていく。離陸直後は綺麗な海岸線が見られたが、しばらくいくと眼下に広がる赤い大地。
先住民のアボリジナルの人たちの聖地、英語名「Ayers Rock」私はずっとなんとなく「Air’s Rock」だと思っていたが(変な英語)、実はイギリスの探検家が発見した時に当時のサウス・オーストラリア植民地総督Henry Ayersにちなんで名づけられた名前だそうだ。植民地の名前っていつもどっかの偉い人の名前がついている。
しかし、現在ではアボリジナルの言葉で「Uluru」と呼ばれるようになっているそうだ。もともとアボリジナルの人たちにとっては聖地ゆえに司祭以外は登山をすることは許されなかったが、世界からの観光客の落とす観光収入はアボリジナルの人たちにも大きな恩恵であったため、なかなか禁止することは出来なかった。しかし2019年10月より観光客向けの登山は禁止されることが決まったそうだ。

今回、CairnsとSidneyに行ってみたが、オーストラリアの砂漠や大きな自然に触れるのはあまりなかったので、次に機会があったら是非そちらにも行ってみたい。

さて話を戻そう。

二時間半遅れてやっとシドニー空港に到着。空港を歩いていたら、なんと1便後で来たはずのホストマザーたちがいた。なんと、ほとんど同時に到着したようだ。

Sidney空港はさすが国際空港らしく、Cairns空港に比べると大分大きい。

そこから、まずはホテルへ向かうために電車に乗る

この電車は2階建てになっていて、席が2人掛けと4人掛けを可動式で切り替えることができている。すごい合理的。

あっという間についたCentralStationはとても絵になる駅だった。

ハリーポッターにでてくるようなイギリス式の高い屋根が印象的な美しい建物で、なんとなくSidneyは近代的な都会なのかと思っていた私はとてもびっくりした。

この印象は街中に出るともっと顕著になる。時代を感じさせる石造りの建物に、世界各国の言葉が並び、古さと新しさの同居するなんとも魅力的な街並みだった。