201808台湾環島旅行6 花蓮松園別館

この記事は約7分で読めます。

松園別館で昔に思いを馳せる。

まずは東城商旅で朝食バイキング

翌朝、ガイドさんとは昼前に松園別館で待ち合わせなので、ホテルの朝ごはんを食べてからタクシーで移動することにする。

東城商旅ロビー

シンプルなホテルだったがフロントのお姉さんは感じよかった。(もっとも台湾のホテルで感じの悪いフロントほとんどいないけど)

あまり英語は得意ではなさそうだったが、一生懸命つたえようとしてくる気持ちが通じてほっこりした気持ちになる。やっぱり気持ちって大事だなー。

東城商旅の朝ごはんはホテルバイキングとはいうものの三つ星なのでそんなにゴージャスではない。でも洋食、中華が自由に選べて久しぶりにパンとコーヒーを頂いたのでよかった。

将軍府は割愛しました。

フロントにタクシーを読んでもらい、次の目的地松園別館を目指す。

当初、松園別館の前に「将軍府」という旧日本統治時代に日本人が住んでいた日本式建物群をも予定していたが、いままでのうちの観光ペースからどちらかにしぼったほうがゆっくり見られそうだったので割愛。

なので将軍府についてはこちらを。

将軍府(花蓮市)
将軍府(花蓮市) 花蓮の街は日本に似ています。かつての大佐宅から周辺も歩いてみました
Access Denied

松園別館

で、タクシーで10分足らずでついた松園別館。

松園別館官方網站

松園別館
松園別館兵事部

松園別館は1942年(昭和17)年、日本の重要な軍事指揮センター「兵事部」として建てられました。周囲を琉球松に囲まれていたため、この名がついたそうです。太平洋が見渡せる高台に置かれたので、視野は良好。美崙溪の入海状況ほか、当時は花蓮港や太平洋の船舶数、南機場の航空機の発着なども観察することができました。また、松林に隠れた建物もその動向は周囲から察しにくかったようです。日本統治時代は、将校、士官の接待宿泊所として、また特攻隊員が出征前に宿泊し、天皇からの「御前酒」を賜る場所としても利用されました。

by 台北ナビ

その後米軍の娯楽施設として改修され使用されていた。現在は歴史的建物とともに、Cafeやイベントスペースもある場所となっている。

歴史を見てきた琉球松

琉球松に囲まれた洋館。本館の兵事部。

花蓮港が見える。昔はもっと見えたんだろう

樹齢100年を超える建物を覆わんばかりの琉球松。以前は60本以上あったが害虫や台風の影響で現在では31本と半減してしまったらしい。

小木屋

本館は最後に回し、まず小木屋(松園故事館)から松園別館木小屋

日本式の木造建築でかつては軍人の集会所だったところ。