成人式と日々撮影会

この記事は約6分で読めます。

今年は娘の成人式でした。

何年も前から振袖のDMはじゃんじゃん来ていましたが、やっと重い腰を上げたは去年の夏過ぎ。そろそろ見て回るかなと近場の「成人式」の看板が出ているところを見てみました。

写真館などのレンタルの振袖は素材がポリエステルだったり、生地も安っぽいものが多く、ちょっといいかなと思うとレンタル代とは思えないお値段。それに、どうも娘の雰囲気に合うものもなく決まらないまま秋になり。

最初は絶対買うつもりが無かったので近寄らないようにしていた呉服屋さんで、老舗の販売員さんが見立ててあげるといってくれた一揃えの振袖セット。なんと地紋入りの無地の振袖でした。でも、小物と帯をチョイスしていくとなんとも個性的なフルセットになりました。

着物は地紋入りで刺繍無し。帯に合わせて長襦袢は個性的な色です。

周りはみんな刺しゅう入りだけど、本当にいいの?と何度も念を押し。娘も納得していたので購入を決めました。条件は「最低三回は着ること」

  1. 成人式
  2. 友人の結婚式
  3. 兄か弟の結婚式

これに大学の謝恩会が入ればまあ四回かな。なんといっても無地なので、使いまわしは効きそうです。ただ、大学はミッション系なので卒業式はローブでした(笑)

11月には着物も届き、あとは本番を待つばかりになりました。

着物の購入特典で、撮影会がついてくるのでそこでわんことも写真が撮れますよ~といわれて、それでいいかなと思っていましたが、最初にレンタルを検討していた時にみた「らかんスタジオ」での後撮りも気になっていました。

創業100年!七五三・成人・婚礼などの記念写真は【らかんスタジオ】 HOME
七五三・結婚写真・ウェディングフォト・マタニティ・お宮参り・成人式の記念写真など大切な記念日の写真撮影なら「らかんスタジオ」へ。豊富な衣装からヘアメイク・着付などお客様にあわせてご案内いたします。兄弟・姉妹撮影、家族写真も対応の貸切個室スタジオで、贅沢な撮影ができるおしゃれな写真スタジオです。多彩なインドアロケーション...

普通なら前撮りするんでしょうけど、なんといっても弟がオーストラリアから帰ってきて、本人が台湾留学へ旅立つ前というタイトな日程なので、時間の自由の利く写真館はすばらしい。

らかんスタジオは都内に何店舗かある写真館で、成人式の場合、写真集などの商品を購入すれば本人のヘアメイクと着付けがついてきて、撮影料は3000円。着物かドレスが二着着られて持込料も無料。写真データはすべてくれるとのこと。らかんでも着物はレンタルしていましたが、これは割と高く、着物は写真映えはしそうだけどチープな感じなのでこっちはパス。

前に、台湾で変身写真館にいきましたが、アルバムは正直どっちでもいいのよね。データさえもらえれば。

呉服屋さんの撮影会では、六つ切一カットは一枚無料でしたが、あとは一枚ごとに10000円+という感じで、アルバム作るとあっというまに10万20万。それでいてデータは貰えないので、それなららかんとダブルにしてもいいかなということで、

  • 1/8 成人式当日 提携美容院でヘアメイク後呉服屋さんの無料着付け、式に参列
  • 1/20 らかんスタジオでヘアメイク着付け後撮影→大國魂神社にお参り
  • 1/21 呉服屋さんの撮影会 ヘアメイク着付け無料で仮スタジオ&昭和記念公園で

となんだか毎日ロケハン続きの女優さんのような日程になりました。

成人式当日

1/8朝7時に立川ルミネの美容院まで送迎

その後母はスタバで時間をつぶし、出来上がった娘を拾って会場に送迎

ちょっとだけ心配した地紋のみの着物ですが、すっきり着こなしとても似合っていました。

玄関前でワンズと。

赤は最近の流行らしく多いのですが白いフワフワ全盛の中とてもめだつ(笑)

よかったね!おめでとう。

キレイに着飾った女の子たちの外側に、コートをきた父兄のような成人男子がぞろぞろいるのが印象的でした。やっぱり成人式は女の子のお祭りね。

うちもお兄ちゃんの時は、リクルートスーツを一着買ったのみでしたw

当日は雨が心配されましたが、昼から少し降ったくらいでほとんど影響なく。式終了後の娘を迎えに行き、うちで着替えて娘は二次会、母はミッション終了となりました。朝早かったし心配しましたが滞りなくすんでよかったです。

らかんスタジオ

1/20はスタジオ撮影の日。この日は家族写真も撮るつもりだったので、その準備がまた大変。兄と父はスーツ、弟は制服でいいとして、私と母はどうしよう?私は母の手持ちの着物の中から物色してもらって地紋の着物で撮影することにしました。たぶん母の友人の着物です。

そして、わんこの服。これが一番大変。

10日も前からタキシードや紋付袴を物色してましたが、大型犬用はとても少なく品質が分からなかったり、もう売り切れていたり、サイズが無かったり。ギリギリになって、サイズの用意できるスーツ風を見つけ、最初からついてるネクタイはしょぼいので、人間用の蝶ネクタイに変えました。