ジャスティへの手紙 2020年6月13日 HappyBirthday!

ジャスティ、心の中では毎日何回もお話ししてるけど、お手紙を書くのは久しぶりだね。

今日は記念すべき日、なんてったってジャスティの13回目のお誕生日だもの。

ジャスがお空に引っ越して一年ちょっと。お引っ越しの記念日はやるせない気持ちが強くてお手紙は書けなかった。

けど、今日は心からおめでとうと言うよ。

ジャスティ、お誕生日おめでとう!!

ジャスティとその兄妹達が生まれたこの日を、私たちは心からお祝いする。みんな、私たちのところにきてくれて本当にありがとう。

13年前の紫陽花の花の咲く頃、ジャスティは八頭の兄妹達とこの世に生まれてきた。私たち皆に幸せを運ぶために。

最初に逢った時、なんて耳の大きな子だろうと思った。でも小さな頃からハンサムだったジャスティ、端正な顔に似ずあまったれでピーピー泣いていたよね。

それから家族の一員として色んな所に行ったよね。

海や、川や、キャンプ。

家族で過ごした沢山の日々が、私の宝物だよ。いつまでもいつまでも続いて欲しかった。

ジャスが倒れてからの奇跡のような日々は、思い出すとまた涙が出るけど、最後までかっこよかった姿を忘れない。

日々はあっという間に過ぎていき、もうジャスがいなくなってから三年も経つような気がする。

私はマッキーとノアと毎日賑やかな日々を過ごしている。

ノアはフラットらしくテンション高く、ちょっと不思議ちゃんで、ジャスとは性格はかなり違うけど、最近ジャスティと同じようにママっ子ぶりを発揮していて、時々その甘え方や表情がジャスティそっくりでビックリする。

マッキーは相変わらずだけど、最近はぬいぐるみのように静かにしている時間が増えていて、これも晩年のジャスティみたい。ホントはジャスが上から教えてる?

ここしばらく下の世界は新型コロナウィルスのせいでバタバタしている。みんながマスクをして、東京から外に出られない。けれど、もう少ししたら、またキャンプにも行こうと思ってるんだ。ジャスも一緒に行こうね。

おいしいモノ食べに、お空から飛んでおいで。

私はこの世でジャスに出会えたことを、人生の中でもスペシャルな事だと思ってる。私のとなりで過ごしてくれた日々を一生忘れない。

時々無性に逢いたくて涙がにじむことはあるけど、まだもう少し、私がそっちに行くまで待っててね。

ジャス、大好きだよ。お誕生日おめでとう。

スポンサーリンク