201808台湾環島旅行3 台北101から士林市場へ

この記事は約8分で読めます。

台北観光1日目

フロントは11階、台北大亜帝国ホテル

さてホテルに移動した私たち(この写真は夜になってから撮ったもの) 台北駅前のホテル、TAIPEI H IMPERIALへ。このホテル、商業ビルの上層階のみをホテルに改装してあるビジネスホテルで、フロントも11F。三つ星classのホテルだと結構こういうスタイルのホテルも多いみたい。 予算削減のため、窓無しルームで4人一泊9000円弱。どうせ寝に帰るだけだし室内はきれいにリノベーションされていて備品もそれなりに揃ってはいるので、そんなに問題なし。 但し、もともと商業ビルだったらしく、壁が薄いのと部屋まで分かりにくいのはご愛敬か。外を歩いている本土からの中国人観光客の喋っている声がよく聞こえる。 ベッドが二つしかないので、日本からエアソファを持参してみた。寝ているうちに空気が抜けていくのには困ったがそこそこ快適に寝られた。 この日の午後は台北101から故宮、そして士林と続く予定だったが、予想以上に暑さに疲れていたのと、娘の大学で時間を取られてしまったため、故宮は飛ばすことにした。

台北でUberに乗ってみる

台北101まではUberを使ってみる。
Uber - Wikipedia
詳しくは上記のwikiを読んでもらうとして、Uberはアプリで個人の車を廃車してもらうタクシーのようなシステム。タクシーより若干割安で、アプリから行き先を登録し、カード決済も出来るため、行き先を言ったり、お金のやり取りをしなくてもすむシステム。日本ではタクシー業界の反発が強く、まだ実現できていないようだが、オーストラリアでも台北でも、市民の足として利用されているようだ。ドライバーは小遣い稼ぎの一般人の場合も多いが、評価などが残るためサービスは悪くない。 私たちを運んでくれたお兄さんは★4.95の人で、車はシエンタだった。台北駅前から台北101までNT$211で800円弱。四人で乗ってるので上々。 総じて台北はタクシー代が安く、もちろんMRTも便利でこちらはもっと安いため、交通費はあまりかからない。

台北101は結構高い

台北101
台北101 - Wikipedia
台北101は地上101階建てで高さは509.2m。2004年に世界一の高層ビルとして7年間の建築期間を経て華々しくデビューしたが2007年にはアラブ首長国連邦の「ブルジュ・ハリーファ」に抜かれている。世界一の栄華は短い。この89階に展望エレベーターがあるが、前回台北に来たときは、高い所苦手な長男がいたし、お値段もそこそこ高い上に雲が出て見渡せなかったので登らなかった。 今回は最初から登るつもりで日本からkkdayでチケットを予約していった。15%offで一人NT$510。2000円弱か。4人だとぐっとくるお値段。このチケットは時間指定制のため、遅れていってドキドキしたが、カウンターのお姉さんが日本語で対応して交換してくれた。さすが観光地。 エレベーターは東芝製で時速約60キロで89階まで約39秒で到達する。